家庭教師の仕事、一生懸命がんばります。


by pb0b5ubely
 菅直人副総理兼財務相が「財政健全化法案」の検討を表明したことに対し、自民党が警戒感を強めている。「中期的な経済財政運営方針がない」と批判してきた政府・民主党との姿勢の違いをアピールしにくくなるためだ。菅氏もそれは織り込み済み。参院選をにらんで、責任政党の「本家」争いが始まった。

 10年度予算の一般会計総額は過去最大の92兆円に膨らんだ。子ども手当の満額支給などが控える11年度予算編成はさらに難航必至で、今や財政問題は鳩山政権のアキレスけんになりつつある。菅氏が唐突に財政健全化法案を打ち出したのには、野党の批判を封じ込める思惑も透けて見える。政府は6月の「中期財政フレーム」と「財政運営戦略」の策定に合わせて法案をまとめる方針だ。

 自民党は今国会に「財政健全化責任法案」を提出した。菅氏は28日の民放番組で「考え方は基本的には私たちと共通している」と与野党協議に水を向けたが、同席した谷垣禎一総裁は「その前に『4年間、消費税はやらなくてもいい』と言ったことの反省をしてほしい」と一蹴(いっしゅう)した。

 民主党は福田内閣時代、消費税率引き上げの議論に乗るのを嫌い、政府の「社会保障国民会議」への参加を拒否した経緯があり、自民党には「自分たちの政権が困ったら、逆に協議をお願いしてくるのは虫がよ過ぎる」と冷ややかな見方が強い。鳩山由紀夫首相は26日の記者会見で任期中の消費増税を重ねて否定したが、それを前提とした財政再建は「厳しいのは間違いない」と認めざるを得なかった。

 自民党は法案に「消費税を含む税制の抜本的な改革」を明記し、今夏の参院選でも争点にする構え。消費税論議に積極的な菅氏が政府案でどこまで踏み込むか、今後の出方を注視している。【中田卓二、坂口裕彦】

【関連ニュース】
NHKオンデマンド:12年度に黒字化見込み
個所付け:直轄国道の休止は1カ所 140路線で事業継続
野中広務氏:土改連会長として民主に陳情 小沢氏と会えず
10年度予算:成立…過去最大92兆円 5番目の早さ
10年度予算:今夕に成立…参院委可決

「選挙なら捕まる」「許されない」=閣僚から発言−若林氏問題(時事通信)
「参院選後は政界再編」=民主・渡部氏(時事通信)
<エフエム東京>40分の中断事故、放送が無音に(毎日新聞)
シー・シェパード元船長 傷害罪でも立件へ 東京地検(産経新聞)
しばたはつみさん死去(歌手)(時事通信)
[PR]
# by pb0b5ubely | 2010-04-05 15:41
 25日午後11時ごろ、東京都台東区上野のJR上野駅山手線ホームで、足立区の男性会社員(42)が男に線路に突き落とされた。男は立ち去ろうとしたが、目撃した男性(59)らに取り押さえられ、警視庁上野署員に殺人未遂容疑で現行犯逮捕された。男性は足の骨を折る重傷。

 上野署によると、男は荒川区東尾久2、自称運送会社社員、早瀬大介容疑者(33)。「もみ合いになり、ふりほどいただけ」と容疑を否認している。

 捜査関係者によると、京浜東北線大船方面行きの電車内で、男性が携帯電話で話していた早瀬容疑者に注意したところ、口論になった。男性が乗り換えのため上野駅で降りた際、早瀬容疑者も一緒に降りて反対側の山手線外回りの線路に突き落としたという。非常停止ボタンが押され、入線予定の電車は一駅手前の鶯谷駅で停車した。早瀬容疑者は酒に酔っていたという。【山本太一】

【関連ニュース】
殺人未遂容疑:インスリン投与の看護師を再逮捕 京都
殺人未遂:容疑の39歳母を逮捕 11歳長男重体 盛岡
殺人未遂:看護師を再逮捕へ 高濃度インスリン投与の疑い
殺人未遂容疑:老人ホームで3人刺す 入所者逮捕 福岡
殺人未遂:男性刺され重傷、口論の男逃走 東京・渋谷

<10年度予算>24日に成立へ 参院本会議(毎日新聞)
社民党、比例代表に原元新社会党副委員長を擁立(産経新聞)
<中国毒ギョーザ>中国政府の対応評価 平野官房長官(毎日新聞)
<北海道開発局>違法組合活動4119人処分(毎日新聞)
JAYWALKボーカルを起訴、大麻所持は起訴猶予 東京地検(産経新聞)
[PR]
# by pb0b5ubely | 2010-03-31 20:49
 今回で16回目を迎える「神戸コレクション」。2010年春夏の神戸(2月27日)、東京(3月13日)公演では過去最多の約1万6500人を動員。多彩なゲストやアンテナショップを設けるなど、回を重ねるごとにファッションイベントとして大きな広がりを見せている。(木村郁子)

 「クリア」「ビッキー」「チェスティ」といった神戸発ブランドをはじめ、国内外約30のブランドが参加した今回の春夏は、09年秋冬の黒一辺倒から一変。ヌーディーなベージュからホワイト、グリーン、ピンク、イエロー、ブルーとまばゆいばかりのカラーモードへシフトしていた。

 今年のトレンドは?と聞かれたら、まずは「ガーリー」と答えるしかないようだ。例えばオープニングを飾った「アルマーニエクスチェンジ」では真っ赤なフラワープリントのミニワンピースが登場。今が旬の小花柄ワンピースにウエストを太ベルトでマークしたスタイル。

 背中のくりを大きくとった「魅せトップス」、オールインワンやマキシ丈のワンピースには夏らしくコットンやテロンとした柔らかな素材が使われている。シフォンやフリル、レースも多用され、露出は若干多めでも健康的な雰囲気。夏の定番であるマリン、ダンガリーシャツも復活。体を締めつけないリラックスモードは、ラグジュアリーなリゾート着がそのまま街着に転換したかのようだ。

 ただリゾートと一線を引くのは足元を見るからだろうか。ウエスタンやデニムブーツはあくまでもハード系。鋲(びょう)がたくさん打たれたグラディエーターサンダルも人気継続中で、いたって辛口だ。また、洋服を際立たせるスパイス的小物は、相変わらずじゃらじゃら系。素肌に映えるターコイズやビーズ、ストーンなど自然素材が多く使われてエスニック風の演出。男子アイテムであるストロー素材のカンカン帽にテンガロンハットも必須アイテムだ。

 今回特に目を引いたのは百貨店から出品された数々のアイテム。阪急をはじめ、昨年11月にオープンした大丸心斎橋店「うふふガールズ」、この3月にお目見えした高島屋大阪店「gokai」など、お値ごろ感を打ち出しつつ、若い女子向けにアピールしたモードを展開した。おしゃれに積極的な女子の購買欲を取り込もうとする百貨店側の姿勢も見て取れた。

【関連記事】
フェミニン薫る「ふくらみ」感 2010〜11年NYコレクション後編
2010〜11年秋冬NYコレクション前編 レイヤード頂点極める
親が夢中になる「こどものいえ」 阪急百貨店
「ネオンカラー」でお洒落偏差値アップ
春風に乗って「復活」 2010年春夏ロンドンコレクション 
あれから、15年 地下鉄サリン事件

東京でサクラ開花宣言、平年より6日早く(読売新聞)
留め具が屋内用、劣化し通信線垂れる…JR停電(読売新聞)
<振り込め詐欺>「キング」に懲役20年判決…東京地裁(毎日新聞)
日医会長選に4人が立候補=政治的立場が最大の焦点(時事通信)
核密約 笠井亮議員「討議記録を知っていたか」(産経新聞)
[PR]
# by pb0b5ubely | 2010-03-29 18:55
 猛毒の化学物質サリンによって6000人以上が被害に遭い、13人の命が奪われた「地下鉄サリン事件」から20日で15年になる。

 あの日、同じ電車に乗り合わせた2人の被害者が、事件後、偶然に出会った。2人が恐怖や後遺症を乗り越えられたのは、苦しみを互いに語り合い、悩みを共有できたからだった。今、事件の風化が懸念される中で、2人は周囲に少しずつその体験を語ろうとしている。「二度と同じ事件を起こさないために、私たちには語り継ぐ責任がある」と――。

 1995年3月20日の午前8時すぎ、埼玉県草加市の山本清隆さん(75)は勤務先に向かうため地下鉄日比谷線に乗っていた。小伝馬町駅(東京都中央区)に電車が止まると構内はサリンが充満していて、山本さんは地上に出た10分ほど後に意識を失った。

 それから3年8か月後の98年11月。山本さんが自宅近くの整形外科で看護助手の女性に「サリンの被害に遭った」と打ち明けると、女性の夫も同じ電車にいた被害者だとわかった。自転車で10分ほどの所に住む光野充さん(68)だった。

 山本さんは孤独感を一人で抱え込んでいた。人々が倒れ、手足をけいれんさせていた小伝馬町駅周辺の記憶が消えない。左手の指には後遺症のしびれが残った。

 会社に労災を訴えたが理解が得られず、家族に「あきらめるしかない」と言われたこともあった。それが「同じ被害者の光野さんが近くにいると分かり、心強くなった」という。

 光野さんも2月や3月になると、しびれや体の硬直などの異変を感じていた。PTSD(心的外傷後ストレス障害)の一種「記念日症候群」。症状が出ると山本さんに電話をして話し相手になってもらった。「被害者同士、細かな説明をしなくてもわかってくれる」という思いがあった。

 10年後の2005年3月19日、山本さんは光野さんに誘われ、乗客4人が命を落とした小伝馬町駅のホームに立った。「新たな一歩が踏み出せた」。恐怖から同駅に近寄れなかった山本さんの目に涙があふれた。

 2、3年前から山本さんはスイミングの仲間や近所の人に、事件のことを語れるようになった。現場で見た悲惨な光景を言葉にするのは15年たった今も楽ではない。しかし他の人に同じ苦しみを味わってほしくないという思いも年々強くなる。光野さんともこう話している。

 「私たちが体験を語ることで、事件の風化を少しでも防ぎたい」

民家火災、焼け跡に2遺体=高齢夫婦か−京都・舞鶴(時事通信)
<クロマグロ>「よかった」禁輸否決に首相(毎日新聞)
【第48期囲碁十段戦】第2局 棋風通りの序盤(産経新聞)
<首都高速道路>平日昼間の割引3月末で廃止 阪神高速も(毎日新聞)
<不正経理>神奈川2副知事を更迭 松沢知事(毎日新聞)
[PR]
# by pb0b5ubely | 2010-03-27 11:32
 00年に徳島市で行われた住民投票で、9割以上が「反対」の意思を表明以降、白紙の状態が続いていた徳島県の吉野川第十堰(ぜき)可動堰化問題で、前原誠司国土交通相は23日、「可動堰化はあり得ない」との意向を示した。現在の固定堰保全を求める住民と面談し、住民側が会見で明らかにした。可動堰計画は「白紙凍結」とされてきたが、国交相が中止を明言したのは初めて。【深尾昭寛】

<官房参与>行天氏ら退職(毎日新聞)
<日本鋼管病院>看護師勤務表、全員が「平日・日中8時間」(毎日新聞)
子ども手当法案が衆院通過=公明、共産も賛成、月内成立へ(時事通信)
興正寺・雲龍図、江戸前期の狩野探幽作と発表(読売新聞)
空き巣容疑の50歳男逮捕=被害200件、5000万円か−警視庁(時事通信)
[PR]
# by pb0b5ubely | 2010-03-25 22:43